ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

AKB48と特攻隊。

こんばんわ。
そしてアクセスありがとうございます。
ながたこいらです。

AKB48の前田敦子の卒業が近くなり、いろいろ秋元康は仕掛けていますが、
中でも宮澤佐江の上海移籍という手を使ってきました。

※http://curly-rudy.comより抜粋。AKB48・宮澤佐江。

小林よしのり氏が「まるで宮澤佐江を特攻に出すようだ」と論じていましたが、
尖閣諸島を巡る日中双方のナショナリズムの高揚を秋元康は計算していたのだろうか?という疑問があります。

前田敦子という絶対的エースを失う不安を、秋元さんはひしひしと感じていて、仕掛けたのではないのか?と勘ぐってしまいます。

例えばぱすぽ☆から奥仲麻琴が抜けるなら、的なシュミレーションと似ているかもしれません。
精神的支柱が抜けたあとの立て直しの手段としての「上海特攻人事」なのかな?とも勘ぐってしまいます。

※http://snsdlyrics.files.wordpress.comより抜粋。ぱすぽ☆奥仲麻琴。

(ここから先はフィクションですが)
ぱすぽ☆から奥仲麻琴が脱退するから、残りのクルー全員でロンドンに渡ってティッシュ配りをやって100本フライトしてこい!ってプロデューサーが命令しました。

っていうシチュエーションと同じなんですがねえ。

焦ってますねえ、AKBサイドは。
焦って大局を見誤っています。

中国(と韓国)とは国交断絶はもちろん、戦争さえ覚悟しなきゃいけないシチュエーションです。
フォークランド紛争のときのイギリスとアルゼンチンみたいな状況です。

しかも日本には100%非がない。
竹島も尖閣諸島も一方的に韓国と中国がちょっかいを出してきたわけです。
それに対し強硬姿勢を取るのは外交上当たり前のことです。

左寄りの新聞なんかも韓国・中国には強硬姿勢で行け、って言ってます。
反対してるのは極左の知識人の一部だけ。

そういう中であえて宮澤佐江一人に「戦争に行け」って言うのは少し酷な気がします。

AKBが日本人による「文化侵略戦争」の矢面に立たなきゃいけないことは避けられないとしても、
なぜ国交を絶とうとする、あるいはこれから戦争をするであろう中国の若者たちに媚びを売らなきゃならないのかな?とも思います。

仮に文化侵略が今成功しても、これは今現在ネトウヨに叩かれている韓流タレントみたいにAKBがなりはしないか?という懸念もあります。
ましてや向こうは中華思想で言論の自由がない国です。
宮澤佐江が政治犯・思想犯として中国の治安当局に捕まる可能性だってあります。

もし、この上海特攻人事が秋元さんにとってポストAKBのアイドルユニットに対する焦りからの回避だけが動機だったら、AKBは士気を失って総崩れしかねません。
もちろん、そういうリスクをしょって上海に送り出すのならば、AKBによる中国に対する日本文化侵略戦争は大勝利を収めるはずですが……。

そう粋がって中国本土に攻め入ってしまったため、旧日本軍は負けてしまったのかもしれません。

それにしても、これは大ばくちだなあ。
日本対中国の戦争ですね。



www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2012-08-25 17:08 | アイドルユニット