ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

AKB高橋みなみ(&小林よしのり)vsおぎやはぎ(&内村航平)の論争についての考察。

こんばんわ&本日3投目緊急投下。

おぎやはぎの小木がAKB48の高橋みなみの「オリンピックで金を取ることはAKBの総選挙みたいなものである」発言に「同列じゃねえ」と噛みつきそれにAKB信者のよしりんこと小林よしのり先生が絡んでいる話について。

※http://www.oricon.co.jpより抜粋。おぎやはぎ・小木博明。

※http://4.bp.blogspot.com/より抜粋。AKB48・高橋みなみ。

※http://www.oricon.co.jpより抜粋。小林よしのり。

詳細はもうネットに上がってるから省きますが、
小木博明も人間が小さいなとしか言いようがないし、それを真に受けちゃうネットの住民も小さい奴らだなとしか思えない。
小木なんて目つきとか「なんちゃってテリー伊藤」にしか見えないけどねえ。

どんなに高橋みなみがAKBのメンバーであろうと、たかだか20過ぎの小娘の、しかも普通の発言だと思うよねえ。

なんで小木みたいな人がいちいち取り上げるのか不可解です。

そしてよしりんも少し大人げないなあ。
よしりんのブログ見たけど単なる感情論に終始しちゃっている印象が拭えないなあ。

確かに身内のAKBを守るにはあれくらい強い言葉で小木をdisる必要があったのかもしれませんが、
おいらが同じ立場だったら小木みたいな小物は相手にしないし、ネットで取り上げないと思いますねえ。
むしろ高橋みなみに私信を送って「小木のことなんか気にしないでくれ」って励ますと思う。
表沙汰にはしないしネットでは言わずに漫画で表現してヤツを苦しめると思うねえ。

仮に小木と話をする、としますね。
向こうはテレビ番組に引っ張ってくると思うし、そうなると小木はテレビの人だからよしりんに都合が悪いようにカット割り等で操作をしてくると思います。

そうなるとよしりんの印象はますます悪くなると思うわなあ。
「よしりんは内村航平を批判している」みたいなすり替えを使ってきますねえ。

別に内村航平は成果を残しているし、そこは評価してもいいけど、
オリンピックを叩くのにネットを使わない方がいい、むしろよしりんの主戦場の漫画でやった方がいいとおいらは思うしねえ。

結局、小木がやったことはよしりんに漫画のネタをタダでくれてやったようなもんだなあ。
話し合いになんてヤツが応じるとは思えないし、オリンピック礼賛で思考停止しているマスコミがよしりんを守ってくれるとも思えない。

これをネタにお笑いをやれるかが、
小木の力量にかかってくるんだが、
このままでは「電波系芸人」のそしりを免れないなあ。
余計なことを喋ってしまったからねえ。

なんかねえ、小木だけじゃなくって、
テレビとかラジオとかでも変なことを言ってる人が多いよ、今度のオリンピックに関しては。

「『団体でメダルを取った』っておかしい。オリンピックは個人競技なのに」
ってRKKの昼のラジオで小○士×ってヤツが言ってて、アシスタントの女が呆れていたし、
FMKでもか○ぶん×がAKBとか就活で同じリクルートスーツを着ている若者に対して「個性がないのはおかしい」とか変なことを言っていたし。

50以上のオヤジたちって「個性」にこだわりすぎて「集団」を重視するAKBとかを目の敵にしてるよなあ。

個性が強いと苦しい、ってことを分かってないんだろうし、
「個性的」ってのがアメリカから持ち込まれた戦後民主主義の副産物であるという自覚がねえな、って思ってる。

若い世代って個性や自由って言葉に苦しんでいることを全く知らないし、そんな姿勢でラジオとかを作っているから若者がラジオから離れるってことを自覚していないよね。

話がそれちゃったけど、よしりんなんてオリンピック反対派で、オリンピック自体アメリカや中国の主導のもとで曲げられていることに自覚的だからああいう発言になったのかもしれないなあ。

ただアスリートが被災地のために戦っているってことも少しは考えてあげてね、とは言っておきます。
おいらはよしりんの信者ではないけどね。



www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2012-08-08 20:28 | ブログ