ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:ロキノン系 ( 4 ) タグの人気記事

こんばんわ。
そしてアクセスありがとうございます。
イカ天がおいしかったながたこいらです。

※http://img.mobypicture.com/より抜粋。イカ天。

イカ天と言えば、40代の方なら三宅裕司と相原勇がやっていた深夜放送の勝ち抜きバンド合戦のことを思い出す方もいらっしゃるでしょうが、

※http://dev.newtou.infoより抜粋。イカ天出身のバンド・たま。

まあ、今のロキノン系も選抜総選挙をやってフェスのブッキングを決める、みたいな提案をしましたが、極個人的に(動員力中心に)AKBよろしく並べてみたぜよ。

神7
Bump of Chicken
フランプール
ワンオクロック
sekai no owari
YUI
RADWIMPS
the HIATUS

メディア選抜残り
asian kung-fu generation
ストレイテナー
阿部真央
the pillows
perfume

アンダーガールズ枠
base ball bear
GOING UNDER GROUND
andymori
ガリレオガリレイ
マキシマム・ザ・ホルモン
くるり
ACIDMAN
the BACK HORN
木村カエラ
神聖かまってちゃん

フューチャーガールズ枠
ART-SCHOOL
家入レオ
黒猫チェルシー
back number
高橋優
miwa
DOES
the telephones
モーサム・トーンベーダー
モーモールルギャバン
凛として時雨


と、まあ独断&偏見でランク付けしてみちゃったけど、
もしぱすぽ☆が入るならフューチャーガールズ枠ぎりぎりかその下ですね。
あくまでも動員力でランク付けするとこうなってしまいますが。

ちなみにロックインジャパンフェスだと、
神7→grass
メディア選抜&フューチャーガールズ→lake
アンダーガールズ→sound of forestかそれよりキャパが狭いステージ

的な感じです。

今年はGOINGは出ませんが、
来年あたりはlakeぐらいにはいけそうです。
神7が強えので。

とまあ、AKBに喩えてみました。まる。






www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2012-06-18 17:46 | 音楽

J-ROCKムラ社会。

こんばんわ。
そしてアクセスありがとうございます。
餃子の具にはキャベツが欠かせないながたこいらです。

※http://gyouza.infoより抜粋。餃子のイメージ画像。

いや、素材のキャベツがいい餃子はやはり美味しいな。

さて、J-POPではアイドルがロックのアティチュードを乗っ取っていますが、
(ぱすぽ☆しかり、AKB48しかり、ももクロしかり)、
そもそも「ロキノン系」というカテゴリーにいたあまり売れていないバンドが、
「俺たちはいわゆる『売れ線』の曲とは違って頭のいい音楽をやっているんだぜ」という間違ったプライドを持ってしまって、それを捨てられないまま音楽シーンに寄り添えなかった、という状況があるように思えます。

※http://ecx.images-amazon.com/より抜粋。Rock'in on JAPAN。

「レコード会社のプロモーションのためにバーターでの雑誌インタビュー→レコード会社の意思によりフェスに出演→レコード会社の意思により新しいCDのレビューが雑誌に載る→ロキノン社はレコード会社からのマージンで誌面を作り社員に給料を払う→先頭に戻る」
的な単なる流れ作業にアーティストサイドが飲み込まれて「個」を無くしてしまっていることが問題なんですねえ。

別にそれは仕事だから仕方ない部分があるのですが、この流れにハマってしまうとアーティストが好き放題「やりたい音楽」を「やらせて貰えない」弊害もあると思います。
そして雑誌受けするコメント、雑誌受けする歌詞、雑誌受けする音楽(洋楽寄り)に終始してしまい、いわゆる「ロキノン系ムラ社会」に囲い込まれてしまう。

そんな構図に「嘘くささ」を感じた若者たちがJ-ROCKを見限るのも不思議ではないでしょう。
既にJ-ROCKの主要なリスナーは30代・40代になりつつあります。

おいらは若い人たちを取り込みたいのです。
単なる「ムラ社会」にではなく、
「音楽が本来持っているわくわくドキドキした感覚」へと。
それが今、一番やれているのが、日本ではAKB48ですね。

※http://www.idolgazou.comより抜粋。AKB48。


www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2012-05-18 17:33 | 音楽
おはようございます。
そしてアクセスありがとうございます。
ながたこいらです。

ここ数日のアクセス数が、
かなり多くなっていて、
本当にうれしいです。
ありがとうございます。

ところで、音楽不況って呼ばれていますが、
その原因は何ぞや?と問うてみるに、
・レンタル店の普及
・ダウンロードの普及
・少子高齢化
・不景気
などなど、色んな原因が挙げられますが、

何より、
「これ」っていうキラーチューン的な曲が生まれていないことも原因の一つに挙げられるのではないのでしょうか?

まあ、AKB48とかは別として、
ロキノン系のアーティストがキラーチューンを生み出せていない、という事実があります。

ほんの5〜6年くらい前までは、
GOINGのトワイライト

とか、
BUMPの天体観測

とか、
あとアジカンのリライト、

チャットモンチーのシャングリラ

などなど、そこそこ「キラーチューンクラス」の名曲が生まれていました。

もっとも、キラーチューンってのは、
狙って生まれるもんではありません(断言)。
ある時、降りてくるもんなんです、神様から。
しかも売れない時期が続いた苦労人のミュージシャンの許になぜか降りてきます。

おいらはまだまだ、苦労が足りてないところがたくさんあり、
どうかなあ、降りてるかどうかはCD出してみないと分からないんですねえ。
まあいいや。

とにかく、
名曲を作ろう。
そしてそれを届けよう。

そのために、
日々ベストを尽くしますよ。

ではでは。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2012-01-25 06:53 | 音楽

ロキノン×アイドル。

おはようございます。
ながたこいらです。

非常に個人的なブログになりますが、
まあおつきあいを。

アイドルユニット乱立の2011年ですが、
アイドルユニットをロキノン系アーティストに喩えたらどうなるかっていう分析を個人的にやってみました。

なお、ぱすぽ☆以外はyoutubeで見た情報を基にしております。あしからず。

ぱすぽ☆→GOING UNDER GROUND
AKB48→Mr.Children
SUPER☆GIRLS →RADWIMPS
Bis→銀杏BOYZ
東京女子流→ストレイテナー
さくら学院→チャットモンチー
私立恵比寿中学→Bass Ball Bear
SKi(制服向上委員会)→町田町蔵
SKE48→スピッツ
NMB48→ラルク・アン・シエル
スマイレージ→気志團

とまあ、こうなりますが。
あくまでも個人的な解釈になりますのであしからず。

ご意見ちょうだいな。
でも、アイドルとロキノンと両方聴いてる人っているのかな?

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2011-12-28 08:44 | 音楽