ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
こんばんわ。
そしてアクセスありがとうございます。
ながたこいらです。

姪っ子が12月に誕生日なので、クリスマスも兼ねて漫画本でもプレゼントしようと思い、アマゾンで小林よしのりの『異常天才図鑑』の文庫本を探したのですが、絶版で新品はなかったです。

※http://www.atc.ne.jpより抜粋。小林よしのり『異常天才図鑑』。

今でこそAKB48評論家というかただのおっかけと化しているよしりん先生の異常天才の才能を十全に発揮した隠れた名作漫画集なんですよね。

今、子供の心が荒れてるとか、発達障害とかで悩んでる子供たちを救うのは小林よしのりの漫画だと思います。

『おぼっちゃまくん』の中に教育ママに連れて来られる甘江照輝っていう子供キャラが出てきますが、あれは今の発達障害の子供たちの出現を予知したキャラクターではないのかな?って思います。

子供に本物の情緒を味わわせるためには、よしりんの漫画は一家に一冊は必ず備えた方がいいでしょう。

そして子供にもっと汚い言葉を使わせていいし、泥まみれになって遊ぶ経験をさせていいと思います。物わかりがいい子供ほど大人になったら色々と問題を抱えるケースって多い気がします。

ではでは。


www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
# by keisuke-n1109 | 2012-11-30 17:33 | 小林よしのり

マスコミって何だろう?

おはようございます。
そしてアクセスありがとうございます。
ながたこいらです。

マスコミって何だろうな?って改めて思います。社会正義のためにマスコミは必要、って言いますが、それを当事者でもない他者が割り込んで正義を語るのはどうかな?とも思ってしまいます。

現場の意見は大事ですが、それを例えばテレビやラジオや新聞、ネットのポータルサイトでわざわざ公にする必要があるのでしょうか?

「うざいなあ」って思ってる現場の人間がほとんどだと思うし、取材活動と称して結局はマスコミサイドの私的な意見を公的なものとして流布させているような気がします。

「現場で奴隷になりたくないからマスコミに就職した」ってのがマスコミ人のメンタリティーなんですね。そんなプライドに高さを振りかざすなよ、って言いたいなあ。

ではでは。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
# by keisuke-n1109 | 2012-11-30 06:43 | ブログ
こんばんわ。
そしてアクセスありがとうございます。
ながたこいらです。

おいらはよく外食をしていたのですが、テレビを置いている飲食店は開業3年以内に潰れるっていう恐ろしい法則を発見しました。

厨房でも客席でもいいのですがテレビを置いている店ってことごとく潰れているか、良くても閑古鳥が鳴いてるかなんですね。

多分、テレビに気をとられて店員のサービスが悪くなるか、暇つぶしの道具としてテレビがあるから暇な状況を呼んでしまうのか、どちらにせよテレビって飲食店にとって百害あって一利なし、なんです。

逆にラジオを掛けている飲食店はまあまあ繁盛してるし、店のBGMをわざわざ店主がCDショップやレコード屋さんで買い付けにいってる店とかは、文化の拠点になるからただ飲食店をやるよりも長続きするし利益もあげているみたいですよ。

富裕層の家ほどテレビを見ないそうです。テレビって貧乏人の娯楽なんですね。

ではでは。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
# by keisuke-n1109 | 2012-11-29 17:04 | ブログ
おはようございます。
そしてアクセスありがとうございます。
ながたこいらです。

そもそも、「世間体」って呼ばれるものの正体ってなんでしょう?やはりそれは幼い頃恥をかかされた経験とか、親の目、特に母親の目とか、あるいは共同体がしっかりしすぎるがゆえの周囲の目とかだったりします。

そして、この「世間体」っていうのが厄介なのは、自分一人の問題ではなく、親や親戚の影響もある、ってことだと思います。

「世間体」って概念は本人の考え方次第で薄れて行くものなのかもしれませんが、親、とりわけ母親が世間を気にするタイプだと、それは子供に伝染する、ってことかもしれません。

あと、学校を不登校で休んだり、いい歳をして仕事に就いた経験がない男はやたらと世間体を気にする傾向があると思います。

それから、都会にいる人よりも田舎に定住していて、なんとなくその田舎に住みづらいなあ、って思ってる人も「世間体」を気にする傾向があるのかな?とも思ってしまいます。

うちの母親なんか、田舎でもの凄く貧乏な幼少期と青年期を過ごしたので、もう世間体の呪縛にがんじがらめにされている状態です。

確かに、日本は「恥」の文化圏なのですが、自分の責任においてそこから少し自由になって、「個別性」を持ってもいいのかもしれません。

恥をかいたからって、命を取られることはないし、ましてや自分を表現することはとても恥ずかしいことなんで、これからも恥ずかしい思いはいくらでもしていくつもりです。

※http://www.furusatokigyo.net/より抜粋。田舎ガール。

ではでは。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
# by keisuke-n1109 | 2012-11-29 07:46 | ブログ
こんばんわ。
そしてアクセスありがとうございます。
ながたこいらです。

前向きなイメージを持つのはとてもいいことです。ですが、時として現実は壁をつくったり、罠を仕掛けたりするもんです。

それはおそらく、傲慢になりそうになったときの神様からの試練です。神様だって常に信じる人たちを甘やかしてる訳ではないのです。

身を切るような試練を経ると、人間は強くなれると思います。むしろ、試練は成長への鍵であるとも言えます。

ピノキオだって鼻高々だったから鼻を折られちゃった。で、そこで自分を見つめ直すきっかけになったでしょ。

人生は一度きりだから、自分が思うように生きてみたい、って誰もが願いますが、それだって他人をいたずらに傷つけたりしてまで自由に生きよう、ってのは少し虫がよすぎる話なのかもしれません。そして「誰も傷つけないように生きよう」って誓っても無意識のうちに誰かを傷つけてしまうことって多かれ少なかれあることだから、その時はきちんと非を認めることも大事だと思います。

おいらは今年中にワンマンライブをやるつもりでした。動員もある程度とれていたのでいけるかな?と思っていたのですがパフォーマンスで惹き付ける力がまだまだ足りなかったように思えます。

お客さんはシビアです。だから今からパフォーマンスを良くして信頼をお客さんとの間に作って行くことが大事だと感じています。
c0222651_1737295.jpg

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
# by keisuke-n1109 | 2012-11-28 17:37 | ブログ