ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー

<   2010年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

とりあえず一区切り。

デモテープの歌入れ完了。
明日mixdownです。

で、あさってから、
怒濤のようなスケジュール進行で、
11月8日のライブまで、
突き進みます。

おおっといけねえ、
携帯の電源切ってた!

ライブハウスからの電話が、
つながらないトコロでした。

いつ前売分のチケット受け取りに行こうかなあ。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-31 21:19 | 音楽

アイスランド製角砂糖。

やっと時間が取れたので、
この↓バンドの音源を聴きました。

sugarcubesというBjorkが昔いたアイスランドのバンドです(英語版wikiはこちら←お時間がある人はエキサイト翻訳で訳してみてね♪)。

とにかく、
アイスランドで伝統的なクラシック音楽の教育を受けていたBjorkが、
最初に頭角を現したのがこのsugarcubesというバンド。

今の日本の音楽シーンの、
特にアレンジについては、
このバンドの影響は、
避けて通れない、つうくらい、
凄いバンドであるコトは確か。

pvは↓こちら。


誇大妄想だけど、
Bjorkは愛息のシンドリ君と熊本に定住しないかな。
アイスランドに引けをとらない温泉天国だし、
街はヨーロッパ並みに綺麗だし、
weezerのリヴァースの嫁さんも熊本の人だし、
音大もあるから教鞭とってもいいと思うし(現代音楽論とか)。

あと、おいらもいるし。

余談はここまでですが、
これからバンドやるkidsは、
sugarcubesは必須です。
某GEOとか某アマゾンなら、
某TSUTAYAで借りるより安い値段で入手できます。
アレンジがやはり、いい意味で違います。

何だろうね、
日本は音楽大国だなあ。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-30 22:07 | 音楽
インターネットを使っているおいらですが、
うっすら飽きかけているのも本音で、

つうのも、ネットメディアのおっさん化が急速に進んでいて、
ipadがそれを促進しているのかもしれませんが、
「インターネットが最新のメディアでもないのかな?」とも、
思いつつ、

そんな話を知り合いにしたところ、
大きく同意されました。

こんな時代に、例えばネット以外の、
「日本人特有のマンツーマンの細やかなサービス」とかができないと、
生き残れないのかもしれません。
ネットゆえにコストは下がったのですが、
失ったものも大きいなあ、とも。

ただ、これもテレビと同じで、
なんとなく見ちゃうんだなあ。

まあ、ネットもテレビみたいに、
安泰ではないと思います。
ハードウェアの価格が安くなってしまったので(それはそれでありがたいのですが)、
ソフトウェアでの「利ざや」も高くできなくなったし、
インターネットの「限界」を感じます。

とあるサイトで、
「ネットも携帯もないって逆に自由でいい」
と、あって、
ある意味憧れます。
これからしばらくは、高度成長とかバブル経済以上の経済的発展は、
少なくとも日本では起こらないし、
中にはネットのプロバイダ代とか携帯の通話料とかが、
「ムダだ」って思える日本人も増えると思います。

IT革命も、
曲がり角に来てしまったなあ、って感じですね。

とはいえ、
おいらの場合、
どちらとも仕事で必要なので、
めんどくさいです。
ソフトウェアのアップデートとかがなければ、
いますぐネット解約したいけどなあ。
ブログとメール(とエロサイト)ぐらいだし。
ネットって必要かな?とつくづく最近思います。
エロサイトだって、
最近は素人が携帯で撮ってる写メ自画録りばっかで、
はっきりいってそれでは、
音楽で言えばまさに「オナニー」そのものだしね。
ハダカをさらすハードルが低くなったから、
プロのAV女優の職域を侵していないか、と不安になるし。

似たようなことが音楽にも言えますね。
「自己満足」だけでは音楽とは呼べないし、
プロでもないし。
安易にmyspaceとかで出せることが、
日本の音楽シーンにとって「幸せ」なのかは、
分からないのです。
自戒含みますが。

しかし強烈だなあ、
今日のおいらの毒づき方は。

まあ、プロってもんがどうなのかは、
おいらも常に考えています。
それを「作品」で提示して行くことが、
答えだと思いますね。


www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-28 18:19 | どうでもいいこと

さくさくさく。

今日はアレンジをやっちゃいました。
だいぶprotoolsと譜割りになれてきたからなあ。
一日で2曲完成させました。

只今目下楽器屋さんが改装中でして、
譜面用の五線譜ノートが手許になく(汗)、
簡易版の譜面になっちゃったけど、
まあ、待ってくれや。

それはそうと、
音楽と算数って不可分だな、と(あと技術家庭も)。
もうループの打ち込みのアイデアを練るためには、
電卓が不可欠だし(マジで)、
ベースラインも3度、4度、5度でずらさないと、
ただのユニゾンになってしまうし。
(しかも♯とか♭とかで計算違いしてしまうし…ああ)。

ああああああ”
温泉行きてえ。
テンパってくると、
頭の中をピンクのおたまじゃくしが泳いでしまいます。
ヤバいなあ。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-27 17:32 | 音楽

秋ですね♪

ラジオからリッキー・リー・ジョーンズが流れた後に、
スパイス・ガールズのバラードが流れていて、

秋はミディアム〜スローテンポの歌もの、特に女性ヴォーカルものが似合うんだなあ、と実感。

聴いていると心地いいのですが、
歌ものバラードは作曲やパフォーマンスは大変です。
アップテンポの曲の方がお客さんの反応もいいのですが、
やはり押せ押せだと中盤以降聴き疲れてしまう。

そのタイミングを見計らって、
バラードをぶつけると、
ライブ的にいいんですね♪

あああ、
Sadeの『lovers rock』とか聴きたくなりました。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-26 17:20 | 音楽

産まれました!

ついさっき、甥っ子が誕生。
おいらの家系で2人目の蠍座です。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-26 00:58 | どうでもいいこと

オルタナ聴きまくり。

色々おいらのルーツとも言えるオルタナティブ・ロックを聴きまくっていますが、
まあ、正直言って病んでるって思います。

つうか、言葉を変えれば近代合理主義に適応できていないともとれます。

おそろしく整っていなくて、歪で、熱量が多いのが、
NIRVANA以降のオルタナティブ・ロック。
理路整然としてないんですね。
人間の理性と動物的本能との狭間で苦悩している音楽でもあります。

カート・コバーンがそうですが、
最近ではフジファブリックの志村君もそうですが、
表現者の「自我」と周りの人間の「大人の合理性」とが修復不可能な感じでずれまくっているので、
オルタナの担い手は長生きできないし、早くに天に召されてしまう。今までのトコロ。
70〜80まで生き残れるのはGOINGの丈さんとチャットのえっちゃん(とおいら)くらいかな。
もう、表現の狭間で生死の境を何度もさまようのが日常だから、命が縮むよねえ。

GOINGの丈さんやチャットのえっちゃんが長生きできそうなのは、
彼らが「西洋音楽の真っ当な理論」を知っているからです。
「王道を知り尽くした」上で「確信犯的に外す」術を身につけているから。
「クラシック音楽を知り尽くした」人間がやる「オルタナ」だから。

女の子でも、
「ただだらしないだけ」の女の子は「セフレ」にしかなりませんが、
「着物の着付けを全て自分でこなせて、手料理も上手くて、男の人の心理を巧みに操る話術を身につけるべく日々精進している」女の子が「わざと意図的に崩した格好をして演出する」と、
もうそれは「最上級の女」なのですが。
なかなかお目にかかれませんね。
丈さんやチャットのえっちゃんは後者の「できる女タイプ」のミュージシャンなんですね。

ああ、くどくなったなあ。

つまり「できる女」が夢中になり、しかも古くさくもならない、
「正統派を知っていてなおかつ崩したオルタナティブ・ロック」を、
おいらは作ります、これから。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-24 17:51 | 音楽

始まる!


いよいよ時雨@zepp FUKUOKA。
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-23 17:56 | 音楽
えー、手前味噌で全く申し訳ないのですが、
おいらの音源がサウンド・デザイナーという音楽雑誌のデモテープ紹介コーナーに紹介されました。

いや、いや、
デモを聴いて頂いたプロのエンジニアの松本零士様、お疲れさまです。
某銀河鉄道999の作者の方と同姓同名の小室哲哉氏とか浅倉大介氏とかとも仕事をされていたエンジニアの方においらの音源を聴いてもらい、貴重なアドバイスを頂きました。
リズムトラックですか。生ドラムは今すぐは難しいかもしれませんが簡単なループの打ち込みはやれるので、冬にアリンコみたくこつこつと打ち込んでみますね。

まあ、あとはライブをコンスタントにやってみて、場数を踏んでみますね。

しかし、なかなか独りよがりだと、自分の音楽を客観視できないですねえ。痛感しました。

ヴォーカルについてはヴォーカルスクール経験者からアドバイス貰っていて、
「転調するのにピッチ(音程)が合っていない」って断言(!)されました。
あと、「偏ってもいいから自分のルーツになった音楽を聴き倒せ!」とも。
で、そんな言葉を貰った後でチャットモンチーの1st mini Album『chatmonchy has come』を聴いてみたら、なんとなく色んな人が言っていることが分かったような気がしたのですが。

まあ、一晩寝て、日を改めてまたチャットを聴いてみるとまたつかめるのかなあ?
どうだろう。
ずっと「広く浅く」音楽を聴いて来たので(ラジオからアイデアを拾う聴き方ですね)、
「一つのジャンルに絞って深く聴いて掘り下げる」という姿勢に欠けていたのかもしれませんね。
自省するってどのジャンルでも大事だな。
音楽のみならずね。

自分を客観視することって、確たる「自我」を持たなければいけないのかな、とも思います。
ただ、「自我=私」だけだと「公」とぶつかるし、
「個性」と「個別性」は全然違うし。
「集団」との「摩擦」を経験しなければ「個性」は逆に死んでしまうし。
「客観視」するのが「周りの大衆に合わせる」ことではないし、「周りの大衆に媚びを売る」ものでもないしなあ。

ミスチルとpeople in the boxの二つの天才バンドの姿勢を見ても、
いかに「自分を貫きつつ、商業ベースで成功させる(黒字を出す)」ってことを両立させるのが大変だって分かるもん。
自分の「趣味」の押しつけだけでは、お客さんを喜ばすことはできないしねえ。

いろいろ戯言を書き綴ってきましたが、
要するにアレンジとリズム隊に力を注いでいくことに留意してみますね。

またある意味、眠れなくなるけど。



www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-22 22:03 | 音楽

下品な話ですいません。

ライブ終了後、
エネルギーを出し尽くして、
カラダは疲れきっているのに、
下半身ビンビンでした。
おいらのファンではないのでしょうが、
対バンのファンのバンギャの女の子数名が、
タバコ吸ってドリンクバーでビール飲んでて出来上がってました。
で、「打ち上げいこー♪」って、
そのバンドの男の子を誘ってました。

ああ、バンドマンがバンギャを喰うのは、
こんなシチュエーションなのだな、
つうことを身をもって知りました。

で、おいらは結局打ち上げには呼ばれなくって、
彼と彼女がどうなったかは不明。

まあねえ、おいらがヤツなら、
あの下半身のビンビンなら、
5人に種付けして、しかも5つ子を5人に産ますくらいビンビンしてました(やべぇ)。

音楽って、
とりわけロックって、
アドレナリンをどろどろ出してしまいます。

バンギャがバンドマンを誘惑するのも、
分かります。
おいらも、他のバンドのライブが終わったあとに、
ファンの女の子が凄く魅力的で、セクシーに見えたことが、
何度もあります。
うっすら、女の子の汗の匂いとか、
女の子の特有の香水と体臭が混ざった匂いとか、
タマランチ会長状態なのですが、
一応おいらが演奏する側に立ったら、
ファンは男も女もあるいは微妙な方も、
特別扱いはできないので、
どんなにビンビンでも、
一線は越えません(断言)。

モテない男の代表みたいですが、
「あのショートの娘よかったなあ」って、
フラッシュバック妄想して、
その娘に限りなく近い女の子をサイトから探して、
(以下自主規制)。

いやあ、
逆説的ですが、
バンドマンだって、バンギャを一晩くらいは相手にするかもしれませんが(特にビンビンの時は判断を誤りますが)、
そのいちバンギャから「正妻」にのし上がるためには、
少なくともそのバンドマン以上に、
努力しないといけないし、追っかける資力と体力が必要ですね。
いろいろ写真週刊誌とかがうるさいからねえ。
マスコミ対策も大変です。

でもでも、
「バンドマンに抱かれた」というエピソードが、
永遠の思春期の不良少女にとっては、
ある意味勲章なのかもしれません。

と、言いながらも、
女でダメになるバンドマンもいるので、
もし仮に抱かれちゃった貴女は、
お金(とカラダ)を貢いじゃダメ!ってはクギ指しときます。
「もっと動員あげなきゃ!もっとCD売らなきゃ!」って、
バンドマンのケツを蹴り上げてこそ、
バンギャから「正妻」への昇格可能な条件ですね。

惚れたら、最後まで責任持たなきゃ。
自戒含む。



www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-21 17:25 | 音楽