ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:音楽( 857 )

アップテンポ。

i-tunesのインターネットFMをガンガン聴きながら更新中。

なぜかカサビアンがガンガン掛かってます。

ラジオ機能付きののi-bookをお持ちの方(最新のヤツ)、是非アクセスしてみて。
[PR]
by keisuke-n1109 | 2009-11-22 08:36 | 音楽

Funny!

SxOxUのシングルお買い上げの皆様、Funny Sunny Dayの英語詞と日本語詞はかなり違います。エキサイトの翻訳エンジン使って訳してみよう!とっても面白いから。
[PR]
by keisuke-n1109 | 2009-11-12 18:31 | 音楽

トドメ。

CメジャーのAを鳴らしてても解散してないバンド、デビュー曲でCメジャーのAを鳴らしても解散してないバンド、それがGOING UNDER GROUNDです。
[PR]
by keisuke-n1109 | 2009-11-10 21:50 | 音楽
当たり前のことをupするね♪

イントロ〜Aメロ〜Bメロまで45秒以内で曲を書くこと。
この国のヒット曲の99%がそう。
[PR]
by keisuke-n1109 | 2009-11-05 18:26 | 音楽

あとなあ…

ムジカがアメリカ寄りの論調にシフトしているのもなあ…。
立ち読みにしようかな。演歌に冷たいし、日本の音楽シーンにも冷たいし。
いるんだよな、自分たちで表現できないくせに「アルバムでこの楽曲はコンセプトに合わない」とかしたり顔しておしゃべりしているなんちゃって業界人が。
女性ボーカルを宇多田ヒカルと椎名林檎以外表紙に載せないもんなあ。
結局男のバンド系のヤツらしか表紙に載せないもん。結局は売り上げなのかな?男性のロックファンが買わなくなる、あのままの誌面作りでは。
[PR]
by keisuke-n1109 | 2009-11-05 18:25 | 音楽

言ってやれ!

GReeeeNの解散報道(ガセネタだったけど)ベスト盤出したバンドにはつきまとうネタなんだけど(ゴーイングだって言われてたもん)、だったらアメリカやイギリスみたいなベスト盤や企画盤ばっかりしかリリースしてない奴らは何も言われないのかなあ?
それからGLAYもベスト盤出すけど解散の噂はないし。
[PR]
by keisuke-n1109 | 2009-11-05 18:25 | 音楽
のど自慢初出場未遂(!)のおいらからの、

ライブにも応用できるヴォーカルステージングの裏技!

いろいろ、失敗してハジかいて悟ったことなどをつらつらと書き連ねてみますえ。

1.場数を踏もう。
→要するに、経験です。カラオケで歌うのと、1,000人の前で歌うのは全く違います。
あがるのはあたりまえです。けっこう、技術的なこと(ブレスの位置、音階の変化、コード進行、テンポ)は頭にも入っているし、カラダにも覚え込ませているかもしれませんが、ステージに上がるとほとんど吹っ飛んでしまいます(少なくともわたしはそうでした)。
それを補うには、場数を踏むことですね。いろんなヴォーカリスト・オーディションや、のど自慢やライブや(客は少なくても可)例えばカラオケだったら町内会のお祭りとかでもいいから、自分の歌を聴いて貰う場所をいっぱい持ちましょう。できれば持ち歌をつくるといいですね。

2.誰かのために歌おう。
→予選会でもいました。歌の技術はいいんだけど、ヴォーカリスト一人の世界観に浸ってしまっている人。
厳しいようですが表現はコミュニケーションなので、ステージの前に誰かがいる、と思って歌いましょう。
もし、知り合いが誰もいなかったら、ステージにいる綺麗なお姉さんかイケメンの男子を見つめて歌いましょう。歌の艶が全然違います。

3.100曲まんべんなく、より1曲100日歌いこめ。
→技術的にはとってもいいのですが、やはり歌いこみが足りないので歌の世界観をうまく表現しきれていない人もいました。
「まんべんなく100曲を一回ずつ」よりも、「1曲を100日かけてモノにする」方がよいのです。
「自信満々の愛唱歌1曲」をぶつけてきたお年寄りの人が予選を通過してました。
とにかく、まず「1曲100日」ですね。

4.上手に歌いすぎない。
→歌は技術も大事ですが、結局訴えかけるもの(しかも自分が知っている歌をお客さんがみんな知っているわけではない場合もある)なので、最後は魂なんですね。
なりふり構わずやった結果が綺麗に歌ったときよりお客さんの印象がよかったりします。
そして「上手に歌おう」とするとあがります。
下手でもお客さんからはあったかく受け入れられることもあるのであきらめないでくださいね。

5.歌った後には「ありがとう」を忘れないこと。
→基本ですが大事です。

ヴォーカリストを目指しているあなた、参考になったらいいな。
[PR]
by keisuke-n1109 | 2009-10-25 12:07 | 音楽