ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ながたこいら、脱法ドラッグで救急搬送されたミュージシャンについて語る。

こんばんわ。
そしてアクセスありがとうございます。
ながたこいらです。

某andymoriのヴォーカルが脱法ドラッグやっちゃって救急搬送されてワイドショーネタになっていましたが、

※http://fm-kyoto.jp/より抜粋。andymori・小山田壮平。

脱法とはいえ(合法の間違いかな?)ドラッグを使った時点でそいつの才能を一割ぐらい引かなきゃなんないなあ、っておいらは思います。たとえそれがマイルス・デイビスや勝新太郎だとしてもね。

何か、ダウンタウンの松っちゃんが著書『遺書』で「ドラッグの力を借りた才能は本物ではない」と書いてて頷いた記憶があります。

※http://blogimg.goo.ne.jpより抜粋。ダウンタウン・松本人志。

おいらは市販の風邪薬とかでも頭がおかしくなるくらい薬に敏感なので、もし脱法ドラッグとか一回でもやっちゃったら多分カート・コバーンみたいな死に方をしちゃう可能性がすごく大きいです。

それにしても、いろんなバンギャのブログとかツイッターを見てるけど、見事にこの件をスルーしています。傍観者のつもりでしょうが、ねえ、何か変だな、って思うのはおいらだけかな?

むしろこの件に関してきちんとした意見を言っている凛として時雨のピエール中野は偉いと思います。

銀杏の峯田がハダカになった時同様、特にロックマスコミとかこんな事件が起こった時にアーティストに甘過ぎるんだよなあ。「ロックとして正しい」とか言ってねえ。

その葛藤を小山田が歌詞にして曲にしてヒットでも出せればねえ、チャラになるかもしれんが、ドラッグ関係は更正が難しいからねえ。依存的になってしまうんだよねえ。

脳内ドーパミンをドラッグなしで出せてこそ天才だし、そのためには食生活からきっちりアスリート並みに管理する必要があるんだよね。意外とミュージシャンって大変な稼業だから、覚悟しておいらもやっていきます。まる。


www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2012-11-02 17:55 | 音楽