ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

芸術家orアイドル。

おはようございます。
そしてアクセスありがとうございます。
朝からチョコレートが食べたいながたこいらです。

※http://102.cafe.coocan.jp/より抜粋。チョコレート。

ただ単にお腹が減っているだけなんですけどね。

さて、とあるブログで、「日本のロックは『アーティスト』が増えはじめてから堕落した」という記事があるのを見ました。
そのブロガーによると、
「X-japanも最初はアイドルとして歌番組に出ていた。なまじロックミュージシャンが『芸術家』を名乗るからプライドばかり高くなって大衆に届かないんだ。アジカンの後藤が『最近の歌番組はつまんない』って文句言ってたがテレビの歌番組をバカにして出演しないお前らが悪い。AKBなんかはアイドルとして割り切っているからむしろロックだ。ビートルズもストーンズも最初はアイドルだったんだぜ」
と言っています。

確かに一理あります。
AKBがロックだ、という指摘は的を射ています。

おいらはむしろ、J-ROCKはアートというよりはエンタテインメントとして割り切った方がいいのではないのか、と思います。

日常に疲れている人たちにつかの間の「非日常」を与える、って意味で。
日本の芸能人のルーツである河原乞食なんて、まさにそうだから。

ですが、このブロガーの方の意見にもちょっと異論があって、日本のロックがアート志向になったのはアーティストサイドの問題だけじゃなくってロッキング・オン・ジャパンなどのロック雑誌等のメディアの影響が大きいと思うのです。

※http://www.bmshop.jp/より抜粋。rock'in on JAPAN。

全ては渋谷陽一というおっさんの仕業なのでしょうけど。

それからもうテレビの歌番組の影響力が若い世代にはないんです。
テレビすら見ない若者が多いです。
みんなスマホしか見てないしね。

その辺、ぱすぽ☆あたりが新しいJ-ROCKのフォーマットだと考えられますがどうでしょうか?

※http://img.news.goo.ne.jpより抜粋。ぱすぽ☆。

「エンタテインメントの足腰が強いアイドルがロックを歌う」という点でぱすぽ☆は面白い立ち位置を取っているような気がします。
期待していいと思いますよ。


www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2012-07-04 03:56 | 音楽