ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

誤解しちゃってた。

おはようございます。
そしてアクセスありがとうございます。
ピーマンの肉詰めが食べたいながたこいらです。

※http://www.food.maruha-nichiro.co.jp/より抜粋。ピーマンの肉詰め。

子供の頃はピーマンは苦くて苦手だったのですが、大人になったらあの苦さがたまらなくおいしくなりましたね。

さて、おいらがmacbookを買ってから3年になりますが、その当時は世界の音楽がいつでも聴けるitunesのラジオって凄いな、と思っていました。
世界にはまだまだ未知の音楽ってあるんだな、とか思っていました。

ですが、それはどうも違うな、と最近感じています。
と言うのも、日本の音楽、特にAKB48をはじめとするJ-popは世界的に見ても名曲が多い、ってことに気がついたのです。

※http://www.asianpopcorn.comより抜粋。J-popの女王、宇多田ヒカル。

世界的に見ても日本の音楽リスナーのレベルが高く、日本人に受ける音楽は繊細で美しいメロディを持ったものが多くて、歌詞の内容とかも哲学的で文学的なものが多い。
ミスチルの歌詞の内容ですら、直訳してもアメリカ人やイギリス人には理解できない。

※http://img33.imageshack.us/より抜粋。Mr.Children。

ましてやJ-popのような繊細なメロディラインが書ける作曲家はアメリカ・イギリス・ドイツにはもういないのです。そのミスチルですら最も音楽に対する感性が鋭い日本の音楽リスナーの厳しい耳で鍛えられているし、ミスチルを越えようと日々若いミュージシャンがシーンに参入し続けている状況です。

世界各国の国境をなくして平準化する、というアメリカの思惑は外れつつあります。
むしろ音楽に関しては国境を高くして国ごとの差異をつけた方が面白い状況になっています。

現状でも、J-popはきちんとした文化として世界に誇ってよいし、アメリカやイギリスやドイツといったかつての音楽先進国でも認められつつあるのです。
洋楽を偉い、と思っているのはレコード会社の頭の固いおっさんだけ、という状況です。若者が洋楽から離れつつあります。いや、もう離れてるか。
J-popの聴き手は若者だけに限ると女性が多かったのですが、最近男子が増えてきています。
大味な洋楽が飽きられている証拠です。
このまま突き進んで欲しいな、って思います。



www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2012-06-07 05:29 | 音楽