ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

都市伝説。

こんにちは。
ながたこいらです。

リハーサルを一段落させ、
だらだらとネットを見ていました。

某えなりかずき君の2ちゃんで、
「えなりかずきはプログレを聴いている」というスレッドが立ち上がっていて、
大笑いしてました(いやあ、半年分くらい笑った)。

プログレの代表選手↑ピンク・フロイドの「原子心母」

で、ここまでは枕詞で、
ここからが本ちゃん。

ぱすぽ☆の「少女飛行」ってミスチルの「Innocent World」に歌詞と曲が似てないか?という指摘をしちゃいます。

まず、この2曲のyoutubeを聴き比べてくれ。

ぱすぽ☆「少女飛行」


mr.children「innocent world」

おまけに歌ネットで歌詞を比較してみましょう。
ぱすぽ☆「少女飛行」の歌詞
ミスチル「innocent world」の歌詞

実はこれ、全く根拠がない話でもないのです。
おいらはぱすぽ☆の「少女飛行」をキーをCに置き換えて耳コピしてみたのですが、
コード進行とか曲の作りがミスチルの「イノセントワールド」と似ているのです。

誤解がないように言うと、
「少女飛行」がミスチルの「イノセントワールド」をパクった(盗用した)曲ではありません。
パクる人はもっと曲調とかフレーズをを「そのまんま」もってくるか、
あるいはテンポを速くするとか遅くするとかの操作をやるはずなのです。

おいらはギターで曲を作りますが、
ギターで作った場合、
そのギタリストが「得意な」コードの流れというか、コード進行を無意識のうちに取ってしまう、という癖が出てきます。

アジカンのごっちとGOINGの松本素生が作る曲のコード進行が全く違うように。
そしてイントロを聴いただけで、
「あーこれはアジカンだ」とか「あーこれはGOINGだ」って分かるように。
これはギタリストによって違います。
マイナーが好きなギタリストと、
セブンスが好きなギタリストでは曲が違うように。

ぱすぽ☆の「少女飛行」の中に、
ミスチルの「イノセント〜」でちょくちょく出てきている、
「メジャー→セブンス→マイナーセブンス→セブンス」っていう流れがありますが、

これはミスチル桜井和寿の得意なコード進行です。

と、いうコトは、
ぱすぽ☆の「少女飛行」の作曲をしたのはミスチルの桜井和寿なのではないのか(あと作詞も)という指摘が出てもおかしくないのです。

作曲家名のクレジットが「ペンネとアラビアータ」と仮名になっているのは、
「もし桜井和寿さん作曲って公表してセールス的にこけたらやばい」という、
大人の事情があったのかもしれないし、

現に、この曲が完成した時期はおそらく2010年秋から冬で、
ミスチルはアルバム曲のリハーサルぐらいで十分曲が書けていて、
桜井さんも二つ返事で(名前を出さないことを条件に)曲を書いた可能性もあります。

ただ、証拠をつかんだワケではないので、
真相はどうかなあ、闇の中ですけど。

※ちなみに、カップリングの「ウハエ」は、
ミスチルの「ニシエヒガシエ」に似ています。
みなさんもぱすぽ☆のCDを買ってくらべてくれ。

あと、NICO touches the Wallsの新譜アルバムが、
『passenger』って名前だけど、
ぱすぽ☆とは関係あるのかなあ?

まさか光村くん、
パッセンじゃないよね?

ではでは。



www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。
ご意見、ご感想は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓yahoo!壁紙募金
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2011-06-08 17:58 | 音楽