ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2010年のベストアルバムと2011年の音楽予測。

おはようございます。
「洗濯ができない!」と天気の悪さに責任転嫁しちゃってるながたこいらです。

さて、今年、2010年は、
なかなかCDショップに行く時間がなく、
ほとんどCDを買っていませんが、

ごくわずかばかりの中から、
今年のベストアルバムを。

そうです。
一位は凛として時雨「still a sigure virgin」

とにかく、一番意識して聴いたのではないか、とも思います。

で、今年の流れとして、
やはりギターロックへ進みつつあるのでは、という傾向があります。
特にGOINGとかがそうですが、
リードギターを歪ませて鳴らすバンドが増えました。
洋楽なども、バンド系は重いギターを鳴らす曲が多く(リンキンとかマルーンとかマイケミとか)、
この流れは来年も続きます。

ちなみに、来年武道館をやりそうなバンド。
・凛として時雨
・SCANDAL
ぐらいかなあ。
結構、若手のバンドが台頭してきている割には中堅が伸び悩んでいるのが実情で、
アジカン・チャット・ベボベあたりは試練の年になると思えます。
それから、GOINGは来年秋口あたりに、
またシングルヒットを出すのではないのか、という予感があります。
ミスチルやスピッツやGLAYあたりはロングヒットを出しそうです。
いきものがかり、ファンモン、ミヒマルGTはかなり厳しい年になると思います。
AKBは今年ほどのヒットはありませんが、お茶の間に定着しそうです。
韓流タレントは少しずつ伸びてきますが、メインストリームにはならないでしょう。

あと、
演歌が復活しそうです。
演歌のヒット曲を歌う若手が出てきます。

それから、女性シンガーソングラーター陣も苦戦する年になります。
唯一、YUIくらいです。健闘できるのは。

ジャニーズは完全に世代交代するでしょう。
ただ、テレビ番組をかなりの割合でAKBと共に占めそうです。

そして、音楽市場では、
CDが復権し、配信がやや減ります。
シングルヒットよりもアルバム重視になってきます。
そして、シングルヒットがロングヒットになる可能性が大きい年に来年はなる、と睨んでいます。

と、いうワケで、
今年の総括と来年の予想を、
極個人的にしてみました。

では。


www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-12-28 08:01 | 音楽