ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

こういう譬えはどうだろう。

例えば、
あるバンドが、
バンドのライブのMCで下ネタを乱発したとする。

それを見聞きしていたライブハウスの経営者が、
「お前らのMCは品がない!お前らはただのヤクザモンと変わらん!」
って言っているようなもんだし、

もうちょっと譬え方を変えよう。

あるデパートの重役が、
そのデパートの警備員が不審者を見つけて警察に突き出した時、
「あらゆるお客様は神様なので、不審者だろうがそんな警察に突き出すようなことは止めろ!」とか言ってるのと同じだし、

もっと分かりやすい譬えで行けば、
市営の駐輪場で自転車を放置した中学生を補導した警備員に、
「子供の人権を無視した行為だ」って騒ぐ市役所の総務課長がいたら、ってことだし。

でもいるんだよ。
「子供のために学校の教室にクーラーをつけろ!」って言って、
それを公約に掲げて2万票くらいさらった偽教育ママ候補が。

まあ、リアルな実例を一つ。
おいらが民間企業で働いていた時、
JKが実業団スポーツの研修とかで合宿してて、

で、やつら不良だったので(一部ね)、
のぼせあがって合宿所で「脱げ脱げコール」とかやっていて、
あれって♂を意識していた行為だった(らしい)が、
おいらが仮に見ちゃったら退社どころか刑務所行き確実で、
おいらだけならいいがその会社ごとマスコミに叩かれ、株価下落していたんだよなあ。

自衛隊は交通違反やっただけで、
懲戒処分食らって干されるのに、
官房長官には誰も何も言わないのかねえ。

野党だって、
某保安官を226の逆賊扱いしているから、

本当にこの国の政治家は、
堕落しちゃったんだよなあ。
現場で動いてる自衛官や、海上保安官や、
あるいはモノ言えぬ良心あるこの国の人たちの方が、
権力もっているヤツらより賢いって言うのがねえ。

別においらの言論なんて、
弾圧されてもいいよ。
ただ現場にいる人間を、
高みに立ってヤクザモン扱いするのって、
ある意味、「私はヤクザです」って言っているようなもんだし、
与党も野党も、あるいはネット人民大衆もテレビやラジオのお偉方も、
似たようなものだよねえ。

自分の正義に酔っぱらっているだけならまだしも、それを押し付けて異論を封じるって支那かメリケンだし。あなたの嫌いなヒトラーや金正日やブッシュと同じだよなあ。権力者が言論弾圧しているし、この傾向はたとえば小泉純一郎のバカたれがメディアを使ってやったことを仙谷のボケがやったことと同じだよなあ。右も左も同じなんだよねえ。

もっと日本ってこんなに硬直した国ではなかったはずだよ。どうだろう。

まあ、これに関しては、
実はおいらはもう詞が書けているし、曲もコード進行だけだけど半分くらいは上がってるし。
AKB48あたりも指摘している「今の日本のヤバさ」をあぶり出した問題作を、
来年当たりmyspaceにupしてえけど、
myspace終焉の噂が流れてて、
synclでやれないか模索中。

myspaceでは、
マスコミに乗せられないヤバすぎる楽曲を少なからず全世界発信できるツールだったので、
なくなるのは惜しい。

が、また、
似たような何かは、
できるでしょう。

youtubeが、
既存のメディアがやれなかった、
「軍事力を持たないテロ」を
成功させたツールとして語り継がれるように。

ただ、仮にネットで発信できたとしても、
それをメジャーでなるだけ自主規制をかいくぐって、
ヒットさせれるよう、
ベストを尽くします。

着うたアイドルさんには申し訳ないが、
もう「私小説」で歌詞が書ける時代でもないのかもしれません。
尖閣諸島流出ネタをMCにしようとして、
「これはヤバいかな?」って林家ぺーさんのネタにすり替えようとしたら、
「逃げるな!」おいらのファン(しかも♀)に叱られるくらいだから。
時代の潮目は、あの流出事件で、
完全に変わったと思います。

では。



www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-11-18 21:23 | 音楽