ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

下品な話ですいません。

ライブ終了後、
エネルギーを出し尽くして、
カラダは疲れきっているのに、
下半身ビンビンでした。
おいらのファンではないのでしょうが、
対バンのファンのバンギャの女の子数名が、
タバコ吸ってドリンクバーでビール飲んでて出来上がってました。
で、「打ち上げいこー♪」って、
そのバンドの男の子を誘ってました。

ああ、バンドマンがバンギャを喰うのは、
こんなシチュエーションなのだな、
つうことを身をもって知りました。

で、おいらは結局打ち上げには呼ばれなくって、
彼と彼女がどうなったかは不明。

まあねえ、おいらがヤツなら、
あの下半身のビンビンなら、
5人に種付けして、しかも5つ子を5人に産ますくらいビンビンしてました(やべぇ)。

音楽って、
とりわけロックって、
アドレナリンをどろどろ出してしまいます。

バンギャがバンドマンを誘惑するのも、
分かります。
おいらも、他のバンドのライブが終わったあとに、
ファンの女の子が凄く魅力的で、セクシーに見えたことが、
何度もあります。
うっすら、女の子の汗の匂いとか、
女の子の特有の香水と体臭が混ざった匂いとか、
タマランチ会長状態なのですが、
一応おいらが演奏する側に立ったら、
ファンは男も女もあるいは微妙な方も、
特別扱いはできないので、
どんなにビンビンでも、
一線は越えません(断言)。

モテない男の代表みたいですが、
「あのショートの娘よかったなあ」って、
フラッシュバック妄想して、
その娘に限りなく近い女の子をサイトから探して、
(以下自主規制)。

いやあ、
逆説的ですが、
バンドマンだって、バンギャを一晩くらいは相手にするかもしれませんが(特にビンビンの時は判断を誤りますが)、
そのいちバンギャから「正妻」にのし上がるためには、
少なくともそのバンドマン以上に、
努力しないといけないし、追っかける資力と体力が必要ですね。
いろいろ写真週刊誌とかがうるさいからねえ。
マスコミ対策も大変です。

でもでも、
「バンドマンに抱かれた」というエピソードが、
永遠の思春期の不良少女にとっては、
ある意味勲章なのかもしれません。

と、言いながらも、
女でダメになるバンドマンもいるので、
もし仮に抱かれちゃった貴女は、
お金(とカラダ)を貢いじゃダメ!ってはクギ指しときます。
「もっと動員あげなきゃ!もっとCD売らなきゃ!」って、
バンドマンのケツを蹴り上げてこそ、
バンギャから「正妻」への昇格可能な条件ですね。

惚れたら、最後まで責任持たなきゃ。
自戒含む。



www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
チケットの予約は↓こちらから。
ながたこいらお問い合わせフォーム
オフィシャルサイトは↓こちらです。
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-21 17:25 | 音楽