ながたこいらのブログです。のんきに更新していくよ。


by ながたこいら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

資金調達にまつわるエトセトラ。

ネットで↓こんなサイトを見つけました。
日本政策金融公庫という公的金融機関の融資のサイト。
教育ローンとか、中小企業の資金繰りとかにお金を非営利で貸し出している公的金融機関です。
おいらがもっと早くこの存在を知っていれば、
少しは精神的に楽であったであろうセーフティーネット。

変なサラ金とか、銀行ローンとかからお金を借りるよりも、
確かで安全な公的金融機関です。

もちろん、担保や保証人が必要で、
「事業計画書の提出」と「確定申告」は必要みたいです。

それで、ミュージシャンに最近不可欠になったパソコンとかコンピュータ関連の機材の調達資金とかを借りることができないかな?って思ってみたら、こんな融資項目もあるみたいです。

が、しかし、
ミュージシャンがいわゆる一般の「中小企業」に該当するのかは分からないし、
融資してもらえない「その他の遊戯・娯楽業」にあてはまる可能性もあるし、
これは法律の専門家(行政書士さんとか)にアドバイスを貰わないと分からないですね。

このブログを見ている人で、実際日本政策金融公庫に関する事情を熟知している商工業者の方がいらっしゃったら、是非情報を下さい。
それから、おいらのブログで事実と異なる点があったら是非ご指摘下さい。

おいらが知りたいのは、
メジャーデビュー前のミュージシャンは融資の対象になるか?ってコト。

もし融資の対象になれば、使わない手はない、と思います。
特にミュージシャンの活動資金調達方法としては。

それから、最近はどうかは分かりませんが、
「ネットで起業しよう!」ってビジネス書が一昔前にはありましたが、
起業はできますが最初の3年は黒字にはなりません(断言)。
実際起業してヤバくなった知り合いを知っているので。

日本政策金融公庫の情報を、
もっと早く彼が知っていたら、
大変なことにはならなかったのです。

「自己資金は設備資金の3割以上は用意しなければいけない」とか、
「事業計画は具体的に3年先まで立てなきゃいけない」とか、
日本政策金融公庫のオフィシャルサイトにも載っているのに、
彼は甘い見通しでネット起業しちゃったもんだから、
大変なことになっています。

特に、ネットビジネスは、
新規参入が多い割に、
事業の陳腐化が早く、
常に次の時代の先を見ないといけない。
大手ポータルの情報を後追いしているようでは、
まずネットで稼ぐことは無理です(断言)。
そしてネットビジネスですら、
最初の自己資金がないと行き詰まります。

この大事な事実を、
ビジネス書もビジネスサイトも、
全く明らかにしていないのは、
大問題だと思います。

最後はおいらの自己主張になってしまったのですが、
大事なことなので全世界発信しました。

www.myspace.com/nagatakoira
↑myspace始めました。感想はエキサイトメール(keisuke-n1109@excite.co.jp)まで。個人情報は責任を持って管理します)
オフィシャルサイトは↓こちらから
http://nagatakoira.syncl.jp
↓あなたのワンクリックで救える命がある。
http://www.dff.jp
[PR]
by keisuke-n1109 | 2010-10-05 17:40 | 音楽